トップ

病院のお話をしたい

病院のキホンを考える

病院での栄養士の仕事内容

栄養士の仕事は、病院などで栄養の専門家として食事管理と栄養指導を行う仕事です。それぞれの患者に必要な栄養を考えて毎日の食事メニューを決める必要があります。さらに、栄養の面だけでなく食事自体のおいしさも求められます。盛り付けや献立の作成、食事指導を調理師と一緒に行う場合もあります。栄養士の求人は多く、さまざまな施設で活躍することができます。病院では、医師や看護師、薬剤師などと患者の具合を見ながらメニューを決めていきます。栄養指導などで患者とカウンセリングを行う場合もあり非常にやりがいの持てる仕事だといえます。

病院における栄養士の役割

病院における栄養士の最も重要な役割は入院患者に提供される食事のメニューを考えることです。疾患に合わせて塩分や糖分、脂質など疾患を制限した疾患の悪化予防、改善を目的としたメニュー作りや年齢・性別に応じて必要なカロリーを計算したりなど、入院患者の栄養を支えるプロフェッショナルです。栄養サポートチームの中心となり患者の状態に応じて主治医に食事内容の見直しや栄養補助食品について助言を行うこともあります。褥創対策チームの一員として栄養面から褥創改善のアプローチを行ったりすることもあります。病院にはなくてはならない職種のひとつです。

病院に関する凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 病院のキホンを考える. All rights reserved.